(社)日本口腔外科学会認定  口腔外科専門医

口腔がん・舌がんはどこに相談するの。

口腔がん・舌がんの疑いがある時は、歯科口腔外科にご相談ください。

歯科口腔外科とは?

歯科口腔外科とは、むし歯や歯周病治療といった一般歯科に加えて、口の中とあごの骨、関節、唾液(だえき)をつくる腺やその周りの病気を治療対象とし、話をしたり、物を食べたりする「口の機能」を維持増進することを目的としています。そのため、歯のみではなく、顎関節、口腔粘膜の難治性口内炎、顎下腺・舌下腺などの唾液腺疾患を含め、口の中、あご、あごの下の疾患全般を対象に診断・治療を行っております。
また、口の中やあごなどのガンの治療も行うこともあり、歯科口腔外科は歯科と医科の両方にまたがる治療を行うケースがあります。交通事故や物にぶつかって歯に損傷ができた場合の緊急処置も歯科口腔外科で扱います。疑わしい症状やお困りの事があれば、早めにご相談ください。

主な治療内容

親知らず、埋伏過剰歯、抜歯途中などの難抜歯の抜歯 痛みのある親知らずや、埋まっている歯を、なるべく短時間で痛みが無いように抜歯します。
顎関節症の治療 あごの関節に、痛い、音がなるなどの不快症状がある方は、ご相談ください。
歯列不正ならびに顎変形症の治療 ひどい下顎前突(うけぐち)、上顎前突(出っ歯)を手術で治します。
インプラントおよび、インプラント前の骨増生 インプラント(人工歯根)により、入れ歯を入れなくてもよくなります。また事故などで、前歯を失った場合でも、隣の歯を削らずに、歯を入れることもできます。
口内炎の治療 口内炎がよくできる、なかなか治らない方は、ご相談ください。痛い口内炎もレーザー治療で痛みがなくなります。
舌痛症、口腔乾燥症(ドライマウス)の治療 舌が痛い、口の中が乾くといった症状のある方は、ご相談ください。
有病者の歯科治療 いろいろな持病をお持ちの患者様が、安心して治療できる診療所です。口腔外科専門医<(社)日本口腔外科学会認定>-安原歯科医院

Q&A

長年強く磨いたため歯肉下がりがひどく、特に下の前歯がひどく下がっています。いつか抜けるととても心配です。かかりつけ歯科医院では3ヶ月毎に健診し手、歯の状態はよいのであまり心配いらないし抜けたらちゃんと治療します、といわれます。ネットで、歯肉を治療する外科的な方法があると見ました。先生のところではそのような治療をお願いできませんか。
かかりつけの先生のご判断で問題ないと思われます。きちんとメンテナンスされていれば、すぐに抜けるようなことはないでしょう。ご安心ください。歯肉の再生手術は方法にもよりますが、かなり痛みを伴うものなので、審美的なご希望が強くないのであれば、行う必要性はないかもしれません。ご担当の先生とよくご相談されることをお勧めいたします。

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

安原歯科医院
院長 安原豊人