MENU

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止対策

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止対策

安原歯科医院では今般の新型コロナウイルス(COVID-19)感染患者の増加に際して、治療にかかわる医療スタッフ及び患者さんの院内感染予防と私たちの診療室がクラスターの発生源となることを防ぐため、当面の対応として以下の対策をしております。 

  1. 標準予防策(スタンダード・プリコーション)の徹底。
    • 全ての患者さんの血液・体液・分泌物は感染の危険性のあるものとして扱う。
    • ハンドピースなどの全ての治療器具はオートクレーブ、エチレンオキサイドガス滅菌等で完全滅菌を行っております。
    • もちろん手袋・エプロン・紙コップなどはディスポーサブルで、患者様お一人毎に交換しております。
    • また、お一人の患者様の治療が終わられるたび、診療台もアルコールにて消毒を行っておりますので、患者様から患者様へ、スタッフから患者様への感染を防ぐ最大限の努力をしております。
  2. 初診、再診にかかわらず、診療前に感染を想定した問診の徹底。
  3. 少しでも感染の疑いがある場合は、歯科治療の延期をご提案させていただきます。 
  4. 全ての処置前後にグローブの交換を行っております
  5. 空中のウイルス密度を少なくするために、換気をしております。
  6. スタッフに症状が見られた場合、自宅待機させます。
  7. 緊急を要しない処置は当分のあいだ延期を検討いたします。

新型コロナウイルスの感染予防のために

下記に該当される方は、歯科治療の延期をご提案させていただきます。 

  1. 「37.5℃以上の発熱」や「咳」のある方、
  2. 現在、同居する人に発熱・咳などの症状がある方、
  3. 現在、同居する人が自宅隔離を要請されている方、
  4. 過去14日以内に、海外渡航の履歴がある方、
  5. 過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある方、
  6. 過去14日以内に、屋内で50人以上が集まる集会・イベントに参加したことがある方
  7. また、過去14日以内に味覚異常や、嗅覚異常の症状が生じてきた方。 
  8. 上記は公益社団法人日本口腔外科学会の現時点での原則的な見解であり、国内状況の変化により変更する可能性があります。 

安原歯科医院 2020年4月4日

明石市の歯科・口腔外科専門医 安原歯科医院

地域の皆様へ

医療法人社団瑞歯会(みずは会)の瑞歯(みずは)とは、源氏物語にも出てくる古語で、「年老いてから生えてくる歯、おめでたいことの意。」とあります。これまでの歯科治療は、失った歯を補い修復するものでしたが、これからの歯科治療は、再生医学。つまり失った歯、歯槽骨を再生させる研究が急速に進んでいます。抜けた歯が、また生えてくることも夢ではなくなりました。今後は、京都大学で行ってきた最先端の治療レベルを維持し、地域の方々に喜んでいただけるように日々頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。歯や、あご、お口の中のことで、疑問がございましたら、何でもお気軽にご相談ください。

院長 安原 豊人

経歴

  福岡県立九州歯科大学卒業
1994年 京都大学医学部付属病院歯科口腔外科研修医
京都大学医学部付属病院歯科口腔外科医員を経て
京都宇治ユニチカ中央病院(現宇治武田病院)歯科口腔外科勤務
1999年 安原歯科医院開院
京都大学医学部付属病院歯科口腔外科非常勤医
神戸市立中央市民病院歯科口腔外科診療協力医
日本口腔外科学会会員
2005年 (社)日本口腔外科学会認定  口腔外科専門医

所属学会・資格など

日本口腔外科学会認定「口腔外科専門医」
国際口腔顎顔面外科学会・アジア口腔顎顔面外科学会
日本口腔インプラント学会
日本口腔顔面痛学会
日本自家歯牙移植・外傷歯学研究会
International Association of Dental Traumatology
一般社団法人明石市歯科医師会 公衆衛生・産業歯科担当理事
明石市立明石商業高校 校医
歯科医師臨床研修指導医

お悩み相談

お気軽にお問い合わせください。078-926-3511受付時間 9:00 - 19:45 [土曜日は17:00 ]

LINE予約・ネット予約・お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP