新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止対策

現在、歯科では新型コロナウイルスの院内感染が生じた事例はありませんが、安原歯科医院では、新型コロナウイルスの感染拡大の有無に関わらず、以前から患者ごとの器具の交換、滅菌、ディスポーザブルの器具の使用、さらに口腔外バキュームを常備しています。グローブも患者毎に交換し、マスク、ゴーグルを着用して処置を行なっています。今般の新型コロナウイルス(COVID-19)に際して、治療にかかわる医療スタッフ及び患者さんの院内感染予防のために、さらなる以下の対策をしております。 

  1. 標準予防策(スタンダード・プリコーション)の徹底
  • 全ての患者さんの血液・体液・分泌物は感染の危険性のあるものとして扱う。
  • ハンドピースなどの全ての治療器具はオートクレーブ、エチレンオキサイドガス滅菌等で完全滅菌を行っております。
  • もちろん手袋・エプロン・紙コップなどはディスポーサブルで、患者様お一人毎に交換しております。
  • また、お一人の患者様の治療が終わられるたび、診療台もアルコールにて消毒を行っておりますので、患者様から患者様へ、スタッフから患者様への感染を防ぐ最大限の努力をしております。
  1. 初診、再診にかかわらず、患者さまには、診療前に感染を想定した問診に検温とアルコールによる手指消毒、さらにイソジンによるうがいを実施させていただきます。
  2. 下記のように少しでも感染の疑いがある場合は、歯科治療の延期をご提案させていただきます。
    1)「37.5℃以上の発熱」や「」のある方、
    2)現在、同居する人に発熱・咳などの症状がある方、
    3)現在、同居する人が自宅隔離を要請されている方、
    4)また、過去14日以内に味覚異常や、嗅覚異常の症状が生じてきた方。 
  3. 全ての処置前後にグローブの交換を行っております 
  4. 空中のウイルス密度を少なくするために、換気と空間除菌をしております。 
  5.  スタッフは毎日検温しており、スタッフに症状が見られた場合、自宅待機させます。 
  6. スタッフはフェイスシールドもしくはマスクとゴーグルの装着を行います。 
  7. 飛沫が生じる処置には、口腔内バキュームに加えて口腔外バキュームを使用します。

上記は学会の現時点での原則的な見解であり、国内状況の変化により変更する可能性があります。

2020年6月1日

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

安原歯科医院
院長 安原豊人